一般歯科・歯科口腔外科|てらす歯科 京成稲毛駅前|京成稲毛駅から徒歩30秒の歯科

〒263-0031 千葉県千葉市稲毛区稲毛東2-16-40
043-306-8341
WEB予約(初診の方のみ)
ヘッダー画像

一般歯科・歯科口腔外科

一般歯科・歯科口腔外科|てらす歯科 京成稲毛駅前|京成稲毛駅から徒歩30秒の歯科

一般歯科

虫歯になったところに詰め物をしたり、神経の処置をします。
できるだけ削らず、削る場合も最小限にとどめる。美しくできるだけ保存する(歯を残す)ことを心がけています。

虫歯の原因は?

歯垢(プラーク)に含まれる細菌(ミュータンス菌)は糖分やタンパク質を分解します。
これが虫歯の原因です。それによって排出される酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かして虫歯を作ります。歯みがきをしていなかったり、甘いものをたくさん食べているのに虫歯がない人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働きを持つ「だ液」の力が強い人です。

虫歯は以下の要素が原因と言われています

歯質
歯質は一人一人異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。歯質を強化するためには、歯の再石灰化を促進するフッ化物を利用したり、だ液の分泌を促進するためによく噛んだりすることが効果的です。
細菌
キシリトールやフッ化物には、虫歯の原因となる細菌の活動を抑える働きがあります。これらを活用し、歯科医院でのメンテナンスで歯垢(プラーク)を除去していきます。
糖分
糖分の多い間食が増えると、口の中が酸性になり、虫歯になりやすい状態になります。間食を控えたり、糖分の少ないおやつを選んだり、バランスのとれた食生活を送ることを心がけてください。

C1(エナメル質=歯の表面の虫歯)

歯の表面にあるエナメル質という組織のみにできている段階です。
歯に点状に白濁している部分を見つけて分かる場合もありますが、患者様ご自身で見つけることは難しい場合もあります。

治療方法

この段階では

  1. 歯みがき指導とフッ素塗布を行い経過観察していく
  2. 虫歯ができた部分のみを削って詰め物をする

⇒比較的簡単な治療で終わります。
詰め物の材料は、歯科用プラスティック(レジン)です。患者様の歯の色、明るさに合わせて詰めますので、とても自然な仕上がりになります。

C2(象牙質=エナメル質のすぐ下にあり神経を守っている組織の虫歯)

虫歯がエナメル質を越えて象牙質まで達した状態です。
まだ神経までは達していませんが、神経に近い部分まで進んでいる場合は、冷たいものがしみるなどの症状がでます。
歯と歯の間に虫歯ができている場合は、物がよくはさまると感じることもあるかもしれません。

治療方法

⇒上記C1と同様に、虫歯を削り、歯科用プラスティックで詰めて治療できる場合と、削った後に歯の型をとり詰め物(インレー)を、作った後に歯科用セメント着ける場合があります。インレーには金属や、歯の色や明るさに合わせた白いセラミック、ジルコニアなどがあります。

C3(歯髄=歯の神経まで達した虫歯)

虫歯が神経まで達した状態です。
冷たいもの、熱いものがしみる。咬むと痛い。何もしていなくても痛みを感じる。など症状がはっきりしてくる場合が多いです。
しかし、まれにゆっくり進行した場合や、咬む力が加わらない部位だと、特に症状なく神経まで達していることもあります。
日常生活にも支障をきたしてくる段階です。早めの受診をお勧めします。

治療方法

⇒歯の神経を取り除き、神経が入っていた部屋(根管)を消毒した後、薬剤を詰める根管治療を行います。その後歯にかぶせ物を作ります。
かぶせ物の種類は、金属、セラミックス、ジルコニアなど、部位や患者様のかみ合わせなどを考慮した上で色々な種類からお選びいただけます。

C4(虫歯がかなり進行し歯の根っこだけが残った状態)

虫歯がさらに進行し、歯の頭の部分がなくなり根っこだけになった状態です。
この状態まで進行すると、歯の神経があった部分(部屋)に感染を起こして根っこの先に膿をためることもあります。
痛みを感じる程度は状態によります。歯茎に膨らみや、にきびのようなできものができることもあります。

治療方法

⇒歯の根っこを残せる場合は、根管治療を行い上記C3のようにかぶせ物を作りますが、残すことが困難な場合は、抜歯が必要です。
抜歯後は、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどの治療を行いかみ合わせの回復を目指します。

虫歯治療のよくある質問

どうして虫歯ができるのですが?
口の中には常在菌と呼ばれる菌が存在しています。その中には糖分を摂取し、酸を生成する種類の菌がいます。その酸によって歯が溶けることが虫歯の原因となります。
痛くない治療は出来ますか?
痛みが出そうな処置をする場合には事前に麻酔を使用し、なるべく痛みがないように処置を行います。体質的に麻酔が合わない患者様の場合は、量や種類を変更して対応させていただきます。
虫歯の治療にはどのくらいの期間がかかりますか?
虫歯の本数や進行によって治療期間は変動します。
一般的には、虫歯1本に対して1~2回来院していただくことを目安としております。小さい虫歯の場合は1回の処置で2~3本の治療も可能です。
どのような人が虫歯になりやすいですか?
よく間食をし、甘いものを好む方で十分なブラッシングをしておらずお口の中に汚れが残っている場合が虫歯になりやすいです。
虫歯のなりやすさは遺伝ですか?
遺伝も多少はあると考えられておりますが、生活習慣による影響が非常に大きいです。
治療した歯が、再度虫歯になることはありますか?
あります。
治療後のメンテナンスが十分でないと再発する恐れがあります。

歯科口腔外科

お口の中の外科的な治療を行います。
当院では口腔外科専門のドクターも在籍(非常勤)しています。
お口の中にできた小さな腫瘍の摘出、親知らずの抜歯、あごの関節の治療から舌や粘膜の異常まで対応します。そして外科的な治療には画像診断がとても重要です。

当院では新型のX線CT診断装置を設置しています。従来のレントゲン診断装置に比べて以下のような特徴があります。

  • 低い放射線量でハイスピードな撮影により、患者様の負担を減らします。
  • 高画質で様々な撮影モードにより、細部も鮮明に確認できるため、より的確な診断ができます。

抜歯

虫歯や歯周病が進行することで、歯を保存することができなくなった場合は、歯を抜くことがあります。
患者様の中には「歯医者では歯を抜かれる」というイメージを強く持っている方も多いかもしれません。
しかし最近の歯科治療では、可能な限り歯を残すという考え方が第一選択としてあります。当院でもその考え方にのっとって治療を進めてまいりますが無理に歯を保存することによりかえってお口の中の環境を悪くし他の歯の寿命を短くすることが多くあります。そのため口腔内環境を改善するために必要な抜歯がある場合はきちんと説明させていただきます。