入れ歯|てらす歯科 京成稲毛駅前|京成稲毛駅から徒歩30秒の歯科

〒263-0031 千葉県千葉市稲毛区稲毛東2-16-40
043-306-8341
WEB予約(初診の方のみ)
ヘッダー画像

入れ歯

入れ歯|てらす歯科 京成稲毛駅前|京成稲毛駅から徒歩30秒の歯科

入れ歯とは

入れ歯(義歯)とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、歯のない場所の隙間を埋める場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。
入れ歯は、種類によっては見た目が好みと合わない、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

入れ歯のこんなお悩みありませんか?

  • 入れ歯を入れると痛い
  • ものがうまく噛めない
  • 入れ歯がすぐ外れる
  • 話がしにくい、食べにくい
  • 入れ歯の見た目が気になる
  • 入れ歯の臭いが気になる
  • 頬や舌を噛んだり、口内炎が増えた

保険診療と自費診療の違い

義歯・入れ歯には「保険診療」と「自費診療」があります。
「保険診療」の入れ歯は、国で定められた最低限の治療で、生活に支障のないレベルまで回復させれば良い、という考えに基づいた治療です。費用負担も1~3割負担で治療が受けることができますが、限られた費用の中での治療となり、治療にかけられる時間や入れ歯の材質も限られてしまいます。
「自費診療」の入れ歯は、「保険診療」の入れ歯と比べて、審美性や装着感、機能性など、「生活の質」をより向上させるような治療で保険の利かない治療になります。
「保険診療」と比べると、費用は高額で時間もかかります。ただ材料や治療法に制限が無い分、患者様一人ひとりのライフスタイルに合わせた治療方法を提案することが可能となります。

保険診療の入れ歯はすべて固いプラスチックで作られており部分入れ歯の場合義歯を押さえるためのバネは金属でできています。そのため厚みが気になったり見た目が気になる患者さんも多いのが実状です。

自費診療の入れ歯

金属床義歯

金属床義歯

入れ歯の厚みを薄くするために金属を使用することにより違和感を軽減することができます。また熱の伝わりがいいので食べ物の温度を感じやすくおいしく食事をすることができます。

スマイルデンチャー

スマイルデンチャー

入れ歯を押さえる金属のバネを弾性のあるピンク色の樹脂を使うことにより入れ歯が入っているのが目立たなく審美性に優れた入れ歯です。

治療の流れ

お口の中の状況により一部ステップを省略することもあります。

1

問診・カウンセリング

まずは患者様と充分に問診・カウンセリングをさせていただきます。患者様一人ひとりにあった入れ歯を作る為に、患者様のご不満やご希望、ライフスタイルなど詳細をヒアリングさせていただき、お口の状態を検査し、治療計画を立てていきます。
後日、お口の特長や残っている歯の状況と前回の問診・カウンセリングをもとに、どういった入れ歯が適切で最善なのか説明し、治療費用のお見積もりを提示します。

※虫歯や歯周病がある患者様について、入れ歯を製作する前にこれらの治療を行います。この治療が完了次第、入れ歯製作のステップへ移行します。

2

歯と歯茎の型取り

まずは既製のトレーを使って歯と歯茎の型取りを行います。

3

個人に合ったトレーの製作

一回目に取った型を使って、患者様のお口に合ったトレーを製作します。

4

精密な型取り

③で製作した患者様のお口に合ったトレーにより、筋肉の動きを型に再現するために型取りを行います。とても手間のかかる作業ですが、噛める入れ歯を作るためには非常に重要です。
トレーを患者様のあごに合わせ、あごの周囲組織の動きや唾液を飲み込んだり舌を動かしたり吸う動きなどを型取りしたトレーにあらわし、この型に石膏を流して正式な模型をつくり、この模型上でいよいよ入れ歯を作っていきます。

ここまでのステップはあごや歯茎・粘膜などの組織の精密な状態を現した模型をつくるためのステップです。

5

噛み合わせ

できた型から作った土台を使って噛み合わせを採取します。噛み合わせひとつで、違和感のありなし、噛むと痛い痛くない、噛める噛めないなどの入れ歯の出来を大きく左右してしまいます。

そして、噛み合わせひとつで口腔内の状態の変化だけでなく、全身の健康にも影響してきます。正しくない噛み合わせによって、肩こりや頭痛まで引き起こしてしまうこともあります。
それだけに、噛み合わせは入れ歯を作る上で重要です。
場合によっては、複数回に渡って、噛み合わせのチェックを行います。

6

歯並びの仮合わせ

前ステップでとった噛み合わせを元に、人工の歯を並べます。
この段階では、ろうの上に歯を並べてお見せしますので、気に入った歯並びに修正することができます。入れ歯の装着具合、噛み合わせ、歯並びの3点を重点的に見ていきます。歯の出具合、並びなど好みを教えてください。
歯並びも場合によっては、複数回確認することがあります。

7

入れ歯完成

入れ歯が完成。
できあがった入れ歯を調整し、患者様のお口に合わせていきます。
入れ歯の手入れ方法や保存方法、日頃のお口の中のケアについて説明します。

8

調整

入れ歯は、ただ入れているだけの時と、食事している時では違った動きをします。
特に、新しい入れ歯はまだ歯茎になじんでいないので、使ってもらいながら問題点を確認し、しっかり噛めるように調整しなければいけません。
痛い部分と噛み合わせの調整を行っていくことが、「痛くない入れ歯」・「安定した入れ歯」にしていくために必要なステップです。

調整には個人差がありますが、最低3~4回は通っていただきます。

9

定期検診(メンテナンス)

体調が変化するように、口の中の状態も常に変化しています。入れ歯を長持ちさせ、気持ちよく使い続けるには、定期的に診察を受け、きちんと調整(メンテナンス)することがとても大切です。
まめに調整(メンテナンス)をしていると、入れ歯が長持ちすることにもつながります。
入れ歯の調子が悪いときはもちろんですが、調子がよいときでも3~6ヶ月に1度は受診して、入れ歯の調子をチェックしていきましょう。

よくある質問

入れ歯は何年くらい使用できますか?
残っている歯の状態や食べ物の好みなどによりかなり個人差があります。一般的には3~5年での修理や取り換えが目安とされていますが10年以上問題なくお使いになっている方もいらっしゃいます。
入れ歯が緩くなってきたり、噛み合わせがすり減って平らになってきた時はご相談ください。
どれくらいの期間で入れ歯を作れますか?
患者様のお口の状態によって変化するため、一概には言えません。
ただ、良い入れ歯を製作する場合には、それ相応の時間がかかるとお考えいただいた方が良いかと思います。
一度お越しいただければ、問診・カウンセリングを実施させていただき、おおよその治療期間をお伝えできます。まずはご相談ください。
入れ歯をしていることを周囲に知られないようにできますか?
入れ歯の金具を金属ではなく歯肉の色に近いピンク色の樹脂を使うことにより目立たない入れ歯をお作りすることが可能です。
また患者様一人ひとりのお口やお顔に合わせて、自然に見えるような歯並びも調整できます。
当院では、使い心地も見た目もこだわった入れ歯治療を行っております。お仕事やお食事の場面など、日常生活においてはほとんどわからないような入れ歯をお作りすることも可能です。
インプラントにするか入れ歯にするか迷っています。両方のメリット・デメリットを教えてください。
患者様一人ひとりの歯の健康状態によって異なります。また、入れ歯とインプラントとでは費用や時間、メリットやデメリットなども全く違ってきます。お話を聞くだけではなかなか判断に困る部分が多々ありますので、一度ご相談に来院されることをおすすめ致します。お気軽にご相談ください。

料金

ノンクラスプデンチャー 100,000円~200,000(税込)
ノンクラスプデンチャー金属併用 150,000円~250,000円(税込)